skip to Main Content
浅草の様々な観光案内やイベント情報ポータルサイト
2011年 四万六千日 ほおずき市

「毎月18日」ですが、これとは別に室町時代以降に「功徳日(くどくび)」と呼ばれる縁日が新たに加えられました。
月に一日設けられたこの日に参拝すると、百日分、千日分の参拝に相当するご利益(功徳)が得られると信仰されてきました。中でも7月10日の功徳は千日分と最も多く、「千日詣」と呼ばれていましたが、浅草寺では享保年間(1716~36)ごろより「四万六千日」と呼ばれるようになり、そのご利益は46,000日分(約126年分)に相当するといわれるようになりました。

日程:7月9日(土)10日(日)
時間:6時〜19時位迄
場所:浅草寺境内

協賛:浅草観光連盟

東京浅草どっとこむ編集部

浅草のイベント情報などお伝えしています。
編集特派員募集してます。

Back To Top