skip to Main Content
浅草の様々な観光案内やイベント情報ポータルサイト
浅草の年の瀬を飾る風物詩。2013年 浅草歳の市

1454373_458916440878919_321439153_n

まだ冬将軍が活発でない感じで、今ひとつ「年の瀬」が余り感覚として実感が無いのですが、あっという間に2013年も終わってしまうんですね。

浅草の今年最後のイベントでも有る歳の市。
羽子板は、邪気を跳ね返すとか云われます。
また女の子供が生まれた際に、買ってあげたり、送ってあげたりすると、その女の子には悪い虫が付かないとも云われています。

何故悪い虫が付かないかって?

それはまず羽子板で使われている板が、虫がつきにくい桐を使用している事。
それと、羽の黒い部分は昔、抗菌や殺菌効果のある無患子(ムクロジ)の実を使って居た事、また豆とも言いますんで、当て字で「魔滅」とも。
あるいは、豆に暮らせる等として江戸の風物詩になったのです。

そんな薀蓄を元に、気に入った役者絵の羽子板や可愛い藤娘や汐汲み等を、買いに行ってみませんか。羽子板は小さいもので5千円ぐらいしますが、そこは一枚一枚江戸の技法が詰め込まれた職人が作り上げる「押し絵羽子板」ですから致し方ありません。

プリント物の発泡スチロールで型押しされたものじゃあ有りませんから。
江戸から続く文化を守るため、是非買ってあげて下さいね。
皆さんが買わなければ、羽子板市も無くなってしまうのですから。

日程:2013年12月17日(火)〜19日(木)
時間:午前9時〜午後9時頃迄
場所:浅草寺境内

お問い合わせ
浅草歳の市羽子板商組合

東京浅草どっとこむ編集部

浅草のイベント情報などお伝えしています。
編集特派員募集してます。

Back To Top