skip to Main Content
浅草の様々な観光案内やイベント情報ポータルサイト
2010年 江戸吉原おいらん道中の舞台裏

小学生達がパレードをしている頃、控え室でもある千束小学校の中では、着々とおいらん道中に向けての準備。
顔師の岡田さん達や、松竹衣装、北かつら・寿々芽屋、藤浪小道具さん達プロの手で、準備がされています。

このメンバーが揃って、参加者達を造り上げて行くのです。
今年で8回目になる江戸吉原おいらん道中は、一昨年から一般の地域の方々だけで行われています。
以前は吉原に料亭を構えていた松葉屋さんによる道中でしたが、地域の人々の手で育てて行きたいという思いから、こういう形に変化しました。

今年は2グループの構成による道中。
太夫も勿論2人。
しかも今年は太夫も初めてやる子達。

半ばぶっつけ本番とも思える様な練習でしたので、期待と不安が入り交じった複雑な気持ち。
本番の道中にむけ、準備がされて行きました。

しかし、地域のイベントでこれだけのプロの方々に囲まれての準備というのは、本当に幸せな話です。
参加する子達も、一生の思い出になる事でしょう。

東京浅草どっとこむ編集部

浅草のイベント情報などお伝えしています。
編集特派員募集してます。

Back To Top