skip to Main Content
浅草の様々な観光案内やイベント情報ポータルサイト
菊水通り商店街振興会

5085926

菊水通り商店街振興会は合羽橋道具街通りから東京本願寺うら、そして仁丹広告塔下の国際通りとを結ぶ約400メートルの商店街で西浅草1、2丁目にまたがっている。

戦前、当会通りの西側は殆んどが東京本願寺の敷地で、わずかに飲食店が東側にあるに過ぎなかった。
夜はまったく暗い通りで、この状態は戦後も10数年と続けられた。そこで昭和38年秋頃から小尻倉一氏を中心に地元有志が協力、商店街振興会の設立準備が進められた。 翌39年10月創立総会を開催し、初代会長に小尻倉一氏が就任した。

会名もいくつかあったが、菊水通り商店街振興会として発足するに至った。
そしてただちに街路灯設置を決定し、翌40年5月には完成の運びとなった。ついで50年7月、東西入口にアーチを設置、そのほか街路灯も斬新な型に取替え面目を一新、明るい商店街とした。
その間、2代会長関口篤氏、3代会長木村景映氏、そして58年4月、4代会長小尻博氏が就任した。

今後の方針として会員相互の親睦をモットーに「飲み屋」「たべもの屋」の街の特長を強く打ち出したいと考えている。

東京浅草どっとこむ編集部

浅草のイベント情報などお伝えしています。
編集特派員募集してます。

Back To Top