skip to Main Content
浅草の様々な観光案内やイベント情報ポータルサイト
浅草ひさご通り商店街協同組合

5086052

浅草ひさご通り商店街協同組合(通称ひさご通り商店街)は浅草北西部に位置し、六区映画街から言問通りに至たる南北約180メートルの浴道の両側におよそ50店舗が軒を連ねる商店街である。

古くは浅草寺から吉原遊郭へ通ずる沿道として、又、関東大震災前は凌雲閣(俗に十二階)下の「米久通り」として広く繁栄した。

大正13年の区画整理後に、沿道商店の自已資金による道路整備を切っ掛けに、大正14年春今はなき浅草公園ひょうたん池に因み、『ひさご通り』と名付け商店会として歩み始めた。その後昭和16年迄千束通りと連合会を組織して活動を続けたが、第2次大戦により壊滅状態となった。しかし、戦後昭和21年電話電柱の復旧(自已負担)をはじめ街路灯の設置・日掛け貯金制度の創設等逸早く戦後の復興に着手し、昭和27年には将来の発展に向けて、協同組合を組織した。

初代竹田理三郎氏、第2代斉藤清氏、第3代田中庄太郎氏、第4代鈴木隆介氏の各理事長のもと、歴代理事各位の英知と行動力を結集し・組合員の絶大なる協力を得て、各種事業を推進した。昭和30年に東京都正式許可第1号の鉄骨全面覆開閉式アーケードを総工費1,200万円を架けて建設し(全国普及の先駆けとなった)、その後も鉄骨3階建組合事務所の建設(交番跡地の払い下げを受けた)・統一看板の設置・全面カラー舗装化等の環境整備事業、各種売り出し及び季節に応じた装飾や街頭放送等の販売促進事業、アーケー ド・照明設備等の改修・改装の施設維持管理事業、組合員に対する福利厚生事業等、商店街の発展に寄与した事業は数隈りない。

協同組合化して40年余り、現在当商店街は21世紀へ向けてその第一歩を踏み出している。それは、鈴木理事長の時代(昭和58年)に想起され、山本嘉一第5代理事長を先頭に強力に推進 している【粋】を共通コンセプトとした『江戸街構想』の実現である。

これは商店街活性化の観点から、浅草の地域特性を生かした個性豊かな広域型商店街への脱皮事業であり、その第一弾として平成4年アーケード・カラー舗装の全面改装を成し遂げ、(東京都知事より『豊かでうるおいのある町づくりに貢献した』として、台東区で初めて感謝状を授与された)同年10月には、『浅草ひょうたん祭』と称する記念イベントを盛大に催した(今後、商店街の定期的イベントとする予定である)。

東京浅草どっとこむ編集部

浅草のイベント情報などお伝えしています。
編集特派員募集してます。

Back To Top