skip to Main Content
浅草の様々な観光案内やイベント情報ポータルサイト
浅草伝法院通り商店街振興組合

5086003

浅草伝法院通り商店街、元の名は伝法通り専門店会は仲見世商店会とオレンジ通り商店会とを結ぶ延長150メートルの商店街で、片側が伝法院に面しているところからこの名が付けられた。

俗に「伝横」といわれる当会は、仲見世から公園六区興行街を抜け西浅草、合羽橋を真すぐに北上野から、両大師の陸橋を登って上野公園へ出る、いわば浅草通りに対する裏通り道として早くから賑わい、明治の中頃、すでに商店街を形づくっていた。それだけに「伝横」には商店会が生れたのは古く大正15年のことである。
交和会を名のり初代会長に牛島藤次郎氏が就任。ついで戦前までを栗原政十郎氏が二代目会長として活躍された。

戦後のスタートは24年。
伝法院通り商店会と称え丸山景三氏が会長に就任、2代目会長は関根勝良氏。その間の33年当会には「よのや櫛舗」「ツルヤ鼈甲店」などいわゆる個性豊かな専門店が多いところからその特徴を活し大いにPRしようと、伝法院通り専門店会と改称。ついで平成5年には、商店街活性のため改組し、浅草伝法院通り商店街振興組合と改称した。

初代理事長は改組に指導的役割を果たした澤辺守一氏が就任され、今日に至っている。  戦前戦後を通じ業種には大きな変化はなく、やはり買回り品が多い。
近年とくに呉服商の進出がつよく目立っている。

老舗には「大黒家」「竹内眼鏡店」「セキネ時計店」「よのや櫛舗」「マルミ洋品店」「ツルヤ鼈甲店」などがある。

浅草伝法院通り商店街振興組合公式サイト
http://www.denbouin-dori.com/

東京浅草どっとこむ編集部

浅草のイベント情報などお伝えしています。
編集特派員募集してます。

Back To Top