skip to Main Content
浅草の様々な観光案内やイベント情報ポータルサイト

浅草橋西口大通り商店街共盛会は神田川にかかる左エ門橋からJR総武線を抜けた旧向柳原派出所までの両側10有余店によって構成され、浅草橋1丁目、4丁目にまたがっている。

商店街の歴史は古く昭和7年、省線(現JR)浅草橋駅の開業時には盛大な飾り付けを行い、記念大売り出しを大々的に実施した。当時の名称は『左エ門橋通り共盛会』といい、創立は大正13年までに遡ぼる。
当時、左エ門橋通りの両側は下町特有の商家が軒を並べ、人通りは絶え間ないほどの賑わいだった。
戦後は地域の業務街区が一段と進み、問屋街化の傾向が強い。
昭和40年から現在の役員によって会運営が行われ、同時にチケットサービスを始め名称も『浅草橋駅西口大通り商店街共盛会』と改称、現在に至っている。

堅実経営ときめこまかなサービスをモットーに会の運営に当たっている。

東京浅草どっとこむ編集部

浅草のイベント情報などお伝えしています。
編集特派員募集してます。

Back To Top