skip to Main Content
浅草の様々な観光案内やイベント情報ポータルサイト

かおう会は、東上野(旧下車坂)から浅草公園六区に通じる、いわゆるかっぱ橋本通りの中間に位置し、台東区の中心地(へそ)を有し、松が谷2、3丁目(旧松葉町)にまたがる延長400メートルの商店街である。

かっぱ橋通りは、新堀川に架かる「合羽橋」に由来し、江戸期には上野輪王寺宮が浅草寺に詣でる「御成道」として存在し、明治末期までは根岸、日暮里、三河島、上野、谷中、本郷方面から盛り場浅草に通じる唯一の鉄道馬車が走る道路として賑わった。しかし大正期に入って現在の浅草通りと言問通りが南北にでき、更に関東大震災後の区画整理で周辺に多くの道路が出現したため、人の流れが分散され年次減少したが、戦後、浅草六区興行街の隆盛時までは深夜まで人出で賑わった。
現在の「かおう会」は昭和4年「華王会」として結成され、直ちに街路灯を建てるなどして、商店街の整備、発展に努めたが、戦災で一時中断された。

戦後、再出発したのは23年4月で6代目会長に菊地千代松氏が就任した。
当時はバラック建や焼け跡が各所に点在し、商店街らしい形態を整えたのは、26年の頃からである。
3月、合羽橋通りに面する明和、商和、華王、公西の4会で「合羽橋本通り連合会」を組織し、共同売り出し、共同装飾、環境整備、相互の情報交換に努め、特に当会に位置する曹源寺(かっぱ寺)に由来する河童伝説を基にした「かっぱまつり」は、奇祭として海外にも紹介され、大反響であった。

33年、近隣商店街にさきがけてアーケードを新設し、積極的に共同販促活動を行い、38年、従来の「華王会」を親しみやすい「かおう会」に改名した。

44年、アーケードを全面改修し、60年、上野駅北口開設運動に参加、62年、歩道の拡幅とカラー舗装化し、63年、台東区の中心(へそ)としてのシンボル「かっぱのたいちゃん」像を設置等ハード面を充実させた。

ソフト面では、中元・歳末の福引セール、春秋の謝恩セールを恒例とし、かっぱ橋本通り連合会宣伝部を提唱し、合同セール、各種イベント、研修会を実施している。特に63年7月より地域活性化を目的とする下町ライブ事業『下町七夕まつり』に他の3会と共に参画し、19万人の未場者で賑わった。
年々内容を充実させ、平成6年7月6日~10日実施した第7回には33万人の来場者が迎えるまでに発展し、下町台東区の新たな初夏の風物詩として定着した。
この間、宇治川武雄氏、大山金四郎氏、吉川吉造氏、福田勇氏、河西好幸氏が会長を歴任し、会の運営、発展に献身的な努力をされた。

平成3年に実施した商店街診断では通行量、消費者のイメージ等近隣型商店街として生き残れるボーダーラインを指摘されたのを受け、平成5年現在、21世紀に生き残れる「かおう会」として再生する視点から、平成6年3月「かっぱ橋かおう会商店街振興組合」として法人化し、初代理事長に河西好幸氏が就任、商店街活性化に向けて新たなスタートをした。

現在、組合の運営は理事長、副理事長3名、理事10名にて理事会を組織し毎月1回の定例会を開催し、区の街づくり構想に基づくコミユニケ-ションゾーンとしての環境整備、老朽化したアーケードの全面改築、後継者の育成、空き店舗対策等の諸問題に対応している。
業種構成は最寄り品4、買回り3、その他3の割合である。

東京浅草どっとこむ編集部

浅草のイベント情報などお伝えしています。
編集特派員募集してます。

Back To Top