skip to Main Content
浅草の様々な観光案内やイベント情報ポータルサイト

東京都を二分している隅田川に沿い南北に伸びる町の中に戦後いち早く誕生した商店会がわが浅草北部ことぶき商店会である。
南から今戸2丁目、橋場1、2丁目、清川1丁目と各町にまたがり、地元に密着した商店会活動で地元住民から歓迎をうけている。現在会員は46店舗である。

古くからこの地域は風光明媚な地として知られ、多くの史蹟が残されている。
当会の発足は昭和23年のことである。戦災をまぬがれた橋場を中心に発生した商店が次第に清川、今戸方面にまで軒を並べ始めたことから始まっている。初代快調に田村義治氏が就任、以後浅見染秋氏、小沢竹蔵氏、早川栄蔵氏、梅田昇氏と5代に受け継がれている。
当会の業態は衣料、食品、青果、薬局、日用雑貨など多種にわたっている。
会の運営には総務、商業運営、福利厚生の3部門を置き、役員17名が各々その任務を分担し活躍している。
事業としてはまず中元歳末の大売り出しを軸に各種行事を催しかつ区商連と密接な連けいを採り、地域社会の発展に尽力している。

56年11月22日には結成30周年を迎え、区民会館精養軒で盛大なる祝賀式典を開催した。

東京浅草どっとこむ編集部

浅草のイベント情報などお伝えしています。
編集特派員募集してます。

Back To Top